keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

Windowsの無線接続をコマプロで実行してみた

検証など頻繁に「無線接続→無線切断」の繰り返しを実行する必要があり、スピードアップのためにコマプロで実行してみた。表示系コマンドは適宜リダイレクトするなどでログ保存するといい。

 

■無線プロファイルの表示
netsh wlan show plofile

 

■無線プロファイルのエクスポート
netsh wlan export profile name="[プロファイル名]" folder=[任意のパス("D:\"など)]

 

■無線接続
netsh wlan connect name="[プロファイル名]" interface="[NIC名("Wi-Fi 3"など)]"

 

■無線切断
netsh wlan disconnect interface="[NIC名("Wi-Fi 3"など)]"

 

無線接続の際に"name"オプションで指定するべきプロファイル名はSSID名と同じ(ケースが殆ど)。