keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

LinuxでPPPoEサーバ

l検証などで手軽にPPPoEサーバを準備したい場合、いつもはCiscoルータのISR892Jとかで代用するんだけど、ルータだとかさばるし仮想マシンLinux準備してそれで代用できないかなと思ったのが発端。

 

■パッケージインストール

rpm -ihv /mnt/cdrom/RedHat/RPMS/ppp-2.4.1-10.i386.rpm

rpm -ihv /mnt/cdrom/RedHat/RPMS/rp-pppoe-3.5-2.i386.rpm

 

■/etc/ppp/pppoe-server-options編集
---
require-pap # PAP認証実施
#login # UNIX認証無効化
lcp-echo-interval 10
lcp-echo-failure 2
---

 

■/etc/ppp/pap-secrets編集
---
# ユーザ名:hoge
# 認証SV名:any
# パスワード:pass
# 割当IP:10.0.0.1
"hoge" * "pass" 10.0.0.1
---

 

■PPPoEサーバ実行 

pppoe-server -I eth0 -L 10.0.0.1

-I: 使用するインターフェースの指定。
-L: PPPoEサーバのIPアドレスの設定。指定しなければ10.0.0.1 。

 

以上。わりとアッサリしていた。