keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

centos linux ntpd 設定手順

Linux NTP 時刻同期設定

NTPクライアントとして使用するケース

 

Target : CentOS6.8


01. システムクロックの確認
date

02. ハードウェアクロックの確認
hwclock -w
hwclock --show

03. NTPD確認
/etc/init.d/ntpd status

04. NTPD停止
/etc/init.d/ntpd stop

05. システムクロックをNICTに合わせる
ntpdate ntp.nict.jp

06. /etc/ntp.conf編集
---
server -4 ntp.nict.jp
server -4 ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server -4 ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server -4 ntp3.jst.mfeed.ad.jp
---

07. NTPD起動
/etc/init.d/ntpd start

08. ntpd 状態確認
各サーバの前に*とか+がつくと同期完了
ntpq -p

09. 自動起動を設定
chkconfig ntpd on
chkconfig --list ntpd

10. ハードウェアクロックをシステムクロックに同期
hwclock -w
hwclock --systohc

以上。