keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

CatOSとNativeIOS

以前CCNPとった時に、BSMSNでCatOSのコマンドについて登場したの。

今日はCatOSを入れている機器をいじくらなきゃいけなかったの。

それはもう、ぐりんぐりんに(意味不明!!)。

CatOSとNativeIOSってコマンドの打ち方が違うの。

例えば、IOSではsh int statusとか打つところをCatOSではsh portと打ったりするの。

今まで気にならなかったし、BCMSNの教科書にもその辺の裏事情的な記述はなかったから問題意識というものが芽生えなかったの。

けど、今日はなぜかそんな気分になったからちょこっとググったよ。

どこぞのyahoo教えて掲示板かだったけど、

元々、Catalystという商標はCiscoがCrescendo Communications社を買収(1994)して手に入れたものなので、CatOSというのは、その名残だそうだす。

その差異を統一しようとして、CatalystにもIOSを導入するように動いているみたいです。

なんだかうんちくだけど、少し気が晴れたなぁ。