読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

CPRM

著作権保護された作品は個人的に楽しむ場合を除いて妄りに複製しないようにしよう(棒読み).

僕は今まで問題なくできてたので気にしなかったけど、自社の仲間が困っていたので一緒になって困ってみた。

聞くと、どうも、とあるDVD作品をDVD-Rに焼く時に異音&異臭がするらしい。

もっと聞くと、DVD-Rのパッケージに注意書きがあって、「CPRM未対応のドライブだとハードディスクが壊れる可能性がある」とのこと。

H/W的な問題のようにも見えるし、その、CPRMが絡んでいるようにも見える。

で、ちょっとWikiったの。

~抜粋~

 CPRM (Content Protection for Recordable Media)は、「コピー・ワンス(1世代だけ録画可能)」の番組を録画するときに使われるコピー制御方式。云々...

~以上~

CPRMという技術は、ライティングソフトで書き込めないDVDの最内円周部分にメディアIDを書き込んで、映像データは暗号化して記録するので、PCでデータコピーはできても作品を見ることは出来ない、という仕組みらしい。

ドライブがDVD-R・DVD-RWDVD-RAM・DVD-R DLなどのメディア再生をサポートしていても、CPRMをサポートしていないと閲覧は出来ない、ということらしい。

...やっぱり、今の所はドライブの問題なのかな。

うむむ、うちのPCでトライしてみようかな。