keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

Trial & Error

今度、自分が以前とったツェーツェーエヌアーを教える役をやることになったの。

ちょっと気になる点が一つあるの。

僕は自分で言うのもおかしいけど、はっきり言って独学派なの。

独学派の悪い点は、物の考え方が偏りがちなところなの。

1つの問題に対して、いくつかの観点から考えることはできるけど、

所詮、自分のキャパシティ内の発想に過ぎないの。

自分以外の人にしかできない発想もあるの。

自分がAと感じていた事柄に対して他人はどう感じているのかを訊きたい。

今の自分には、大脳全体に響き渡るような刺激というか、

世界を変えるような革新的な発想が必要なの。

また、抽象的なことを書いてしまったなぁ。

自分にとって革新的な発想って何なのかな。

革新的な発想てのは革新的な発想で、つまり革新的な発想でしかない。

なんてトートロジーで片付けるつもりはない。

ないが、

って、僕はキョンか。

いやまぁ、とどのつまり、今まで平凡に過ごしてきたけど、ここへきて遂にやっと、

壁に当たっているんだなぁ。

試行錯誤しているんだなぁ。

...ではでは。