keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

どうでもいいこと

5/25は鮎川まどかの誕生日だったりするのさ。

ちなみに6/9はドナルドダックの誕生日。

いや、だからといって鮎川まどかの誕生日を祝おうという気持ちはさらさら無い。

高校生の頃、バイトを始めて急に経済力がついた途端に漫画を買い漁ったのを思い出しただけ。きっと、オレンジロードは高校生位の頃に改めて単行本で読んで面白いと感じたんだなぁ。

アニメ化された当初は物心がついたかついてないか怪しい年頃の子供だった。

自分にはキャラクターの微妙な心理状態の変化なんかには気付いていなくて超能力じみた(というか超能力そのもの)を使う作品は何でも興味を示したんだと思う。

いや、何が言いたいかって、ツンデレ文化は大昔から存在していた、ってこと。

ツンとデレのギャップにカリスマがあるのだよ、明智くん。