keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

DB感想

映画ドラボンボールエボリューションを鑑賞してきた。

1時間半っていう制約もあってか、展開が速くて、アッという間にドラゴンボール7個集めちゃったね。

もうね、鳥山明さんの作品とは全くベツモノだと思ってみた方が楽しめるね。

原作ファンとしてはピッコロ大魔王に触覚(!?)がなかったのが少し悲しかった。

というか本当にAlienって感じがひしひしと伝わってきちゃって、なんだかもう、アバンギャルドなしゅーるレアリズム全開だった。

キャラクターが全然違う性格に感じられたし、ポイポイカプセルが超近未来的変化を遂げたりと、あらゆる意味でEvolutionだったと思う。

さりげなく続編を匂わせる描写もあったりして最近ありがちなファンタジー系映画の典型って言っちゃいたい、というか今言った。

うまくまとめて言うと、バトルあり恋愛ありでオモシロかったけど、バトルではなにか物足りない感じがあったし、恋愛シーンとか全く必要ないし、続編では(作るのかわからないけど)もっと楽しませてね♪という感じだたよー。

次は近いうちにヤッターマンを観たいと思うのであります、隊長!