keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

ガマ王子

トホシネマズで、「パコと魔法の絵本」という映画を観ました。

蛙のガマ王子が色々な人と関わってロトの勇者になるという映画でした。

監督は下妻物語とかと同じ人で、下妻物語と似たようなテイストです。

テンポが早くてとても分かりやすかったです。

多くを語るとこれから観るつもりの人に悪いので、これくらいにしますが、

多くを考えさせられ、

また、幼少時代に失くした純真な心に触れられる内容でした。

笑いあり感動ありの大スペクタクル癒し系映画であることは間違いないです。

13時間労働が初期設定になりつつある企業戦士にお薦めです。