keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

ubuntuについて

先日、自宅のPCに「ubuntu」をインストールしてみました。

分からない人は、「ubuntu」でググればいっぱい情報がでてくるので

調べてみてください。

カーネルとかはLinuxと同じ、世界中の有志達が作り上げたフリーOSのことです。

できるだけwindowsに似せたインターフェースで、初めて使う人でも簡単操作ができる事を、

一応の目標にしてるみたいです。

それで、僕が期待してたのは「軽さ」でした。

迅速な起動、軽快な動作、全て無料で使える各種便利機能。

でもそれは、妄想だったということが分かりました。

僕は普段はXPを使用してますが、ubuntuはXPと比べて速くないです。

同じ位と考えた方がいいでしょう。

感想として、

確かに、慣れれば便利かもしれません。

ワードやエクセルやパワーポイントなんかはないですが、

互換性のある別のアプリケーションが搭載されているので問題なく使えるし、

メールソフトもoutlook並に機能満載です。

ただ、動作の軽さでいったらLinuxの方が遥かに高性能と言えます。

ライセンスの問題とかを気にする必要がないので、

「もしも」の時の為に別のHDDやCD等に入れといて、

データ救出用の緊急起動用OSとして用意しておくといいかもしません。

ということで、まだまだXPのお世話になりそうです。

なんだかんだいってやっぱり使い慣れてる環境の方がやりやすいということを実感させられました。

ではまた。