読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

マルクスの共産主義

マルクスによると、人類の歴史は生産の基礎となる生産手段をめぐる階級闘争の歴史であるとのこと。資本主義におけるその闘争は、ブルジョワジー(資本家)に対するプロレタリアート(労働者)の戦いである。マルクスは、最終的には革命によって、労働者階級が勝利すると、生産手段の私的所有が廃止され、資本主義的な生産様式に伴う人間疎外や搾取はなくなると主張した。この主張を共産主義という。