読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

keima's caprice diary

気付いたことをメモのように綴ります。なるべく義務っぽくならないように気まぐれに記録します。

ヘーゲルの国家一元論

ヘーゲルは社会の中で客観化された倫理を人倫と呼び、国家の存在をこの人倫の発展という視点から捉えた。つまり、自然的共同体である家族(人倫の第一段階)と、私的利益をめぐって争う市民社会(人倫の第2段階)を弁証法的に融合させたものが国家であるとした。それゆえ、国家は人倫の完成された姿であり、人々は国家に属することによって倫理的な事由の主体となる。 これは国家一元論の代表的な思想。